ldlコレステロールを減らしてヘルシボディになろう

変えよう生活習慣

ldlコレステロールは、血液や血液の流れを悪くしてしまいます。血液の流れが悪くなることは、体の働きを妨げ高血圧や動脈硬化などの、恐ろしい病気を発症させる可能性が高くなると言われています。ldlコレステロールが増える大きな原因は、食生活にあります。脂肪の多い食事ばかりだと、ldlコレステロールをどんどん増やしてしまいます。中でも、お肉類などの動物性脂肪の食材には気をつけましょう。現代人の食事は外食や食の欧米化が影響し、普通に食べているだけでもカロリーオーバーになりがちです。食事の際は、新鮮な青魚をおかずとして食べるようにしましょう。また、豆腐や納豆など大豆類は、植物性タンパク質でldlコレステロールなどを減らす力を持っています。これらの食材を積極的に食事に取り入れ、ldlコレステロールを下げましょう。

ldlコレステロールが増える原因は、毎日の生活習慣が多く関わってきます。食事はもちろんですが、タバコやストレスも大きく影響します。タバコには、hdlコレステロールを下げldlコレステロールを活性化させる力を持っています。この働きが続いてしまうと、血液の状態も悪くなり動脈硬化を促してしまいます。タバコを辞め、キレイな血液づくりを心がけましょう。また、現代人はストレス社会にいるとされています。ストレスが体に与える影響は大きく、ストレスにより出来たホルモンはldlコレステロールを増やす原因になってしまいます。仕事や学校の忙しさや、人間関係によるストレスは気づかぬ内にストレスとなっていることが多いです。少しでもストレスを感じたら、適度なリフレッシュでストレス解消を心がけましょう。すとれすは、運動することでも解消されます。運動不足とストレスを同時に解消できるので、効果は2倍になります。