ldlコレステロールを減らしてヘルシボディになろう

健康体になろう

コレステロールは必ずしも体に悪影響を与えるものではありません。善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、私たちが注意するべきであるのは後者です。悪玉コレステロールが増加しすぎると血管がつまり、動脈硬化の原因となります。コレステロール値を下げるためには、その効果がある食品を食べるのがおすすめです。しかし最も手軽な方法は、サプリメントで有効成分を摂取することです。このようなサプリメントとして様々なものが販売されています。DHAやEPAが配合されたサプリメントは初月のみ1980円です。またオリーブオイルのサプリは一か月分のお試しが500円です。さらにタウリンや亜鉛のサプリは、一箱がお試しで4500円です。

コレステロールを下げるのに有効な成分として、DHAやEPAが挙げられます。このDHAやEPAの研究は、1970年代にデンマーク人によって行われたイヌイットへの研究が最初だと言われています。普段からサケや鯨、カレイなどを中心とした食生活をしているイヌイットたちは、血中コレステロールが低いことがわかりました。これらの魚類にはDHAやEPAが豊富に含まれているという特徴があります。またその後の研究により男性1822人を30年間追跡調査した結果、魚を食べる習慣がある人はない人に比べると心臓病になる確率がずいぶん低いことがわかりました。さらに各国でDHAやEPAに関する研究が行われ、血液をサラサラにする効果があるということがわかっています。